航空集配サービスについて

TOP > 航空集配サービスについて

会社プロフィール

航空集配サービス株式会社
航空集配サービス株式会社は、航空貨物(エアカーゴ)の国内の集荷・配送や引越業務などを行う物流サービス企業です。人々の豊かな暮らしを支える物資、それを日本全国へ配送するのが私たちの役目。より速く安全に、今後さらにこうしたニーズの高まりが予想される物流業界では現在、サービスの改善のための柔軟な発想力と熱意をもった人材が求められています。高い技術や経験を持ったキャリアの方はもちろん、新卒の皆さんも物流の最前線で活躍できるやりがいのある職場で、力を発揮してみませんか?
社名   航空集配サービス株式会社 KOHKU SHUHAI SERVICE CO.,LTD.
本社所在地   千葉県習志野市東習志野1-6-17
創業   昭和45年 6月1日
設立   昭和48年 8月22日
資本金   9,880万円
事業内容  一般貨物自動車運送事業
 貨物利用運送事業
 輸出入保税業務
 航空貨物取扱事業
 航空貨物販売代理店業
 通販事業
代表者   代表取締役社長 堀越 大吉郎
社員数   269名(平成29年5月1日現在)
車両数   70台(平成29年5月1日現在)
事業所数  全国13拠点(平成29年5月1日現在)
グループ会社  KSプレミアムスタッフ株式会社



事業内容

航空集配サービス株式会社は、現在、「生鮮」「ロジスティクス」「引越」の三本柱を事業の中心に据えています。
この他にも、通販物流、3PL事業、物流請負、人材派遣事業、貿易事業など、様々な分野への進出を行っており、それぞれ着実に成長を続けています。

生鮮

生鮮
お客様となるのは、通関代理店、商社やメーカー、量販店など。世界各国から運ばれてくる野菜や果物、魚介類などの生鮮品を、全国の主要空港のそばに構えた営業所へ搬入し、貨物の性質に合わせた保管・輸送方法を決定。全国に張り巡らせた物流ネットワークや、自社開発の情報システムを駆使して各地の卸売市場や量販店に届けます。

ロジスティクス

ロジスティクス
日本から海外に輸出する精密機器部品や家電製品、医薬品などを扱います。通関を行う為に必要な貨物の検量や検尺、ラべリングなどの作業を行い、通関を行う為の国から認められた特別な倉庫(保税倉庫)の運営を行っています。

引越

引越
信頼と実績で全国に展開するハトのマークの引越専門協同組合に加盟しています。全国のお客様に対応する迅速かつ丁寧なサービスで、組合内トップの実績を誇っています。法人引越を専門に扱っており、転勤による引越を一括で請け負っています。また、大規模ビルの引越から一部什器の移動まで、オフィス移転も柔軟に対応しています。

社長メッセージ

代表取締役社長 堀越大吉郎

はたらく人の
しあわせ満点の会社になる

当社は、昭和45年に日本初のエアカーゴ専門輸送企業としてスタートし、以来、航空貨物地上運送のパイオニアとして一歩、また一歩と、地歩を固めてきました。

現在、成田、関西、中部、福岡の主要な国際空港の事業所をはじめ、3大都市圏への引越の事業所など、13か所に拠点を構え、それぞれが地域に密着し、独自の強みを活かして事業を展開し、当社を支えています。

しかし、昨今の世界経済の混乱や消費構造の変化などにより、物流業界全体が非常に舵取りの難しい状況に立たされています。そのような状況下にあるとはいえ、当社はこれまでにも幾多の厳しい状況に直面し、それを一つひとつ乗り越えることで着実に成長を遂げてきました。現在では、従業員一人ひとりの意識、技術から、独自のマネジメントシステムに至るまで、当社の企業としての総合力は過去に例がないほどまでに強くなっています。

また、当社には10年先を見据えたビジョンがあります。そのビジョンの目指すところは「2017年9月8日までに、はたらく人のしあわせ満点の会社になる」というものです。このビジョンの下には事業領域から従業員の待遇までカバーする、全従業員から集めた会社への希望や期待が含まれており、現在も一つひとつ実現を図っているところです。これから2017年までは、このビジョンを具体的に実現するため、これまで培ってきた当社の総合力を土台として新たな事業分野にも挑戦し、さらなる発展を目指していきます。

そして、現在のような激動の時代の中にあっても今後50年、100年と当社を存続・発展させていく。それが私に課せられた使命であり、そのために必要なことを着々と実行していきます。そのためにはすべての従業員の自由な思考、制約を受けない発想で仕事を組み立て、考えるということが不可欠です。

社会へ貢献するための従業員のしあわせ追求。従業員のしあわせを実現するための利益の追求。そしてそれらを実現するためのより良いサービスの提供。この3つのサイクル実現を目指し、あらん限りの努力を重ねていきます。

プロとして成長し、新たな物流の形を追求できるフィールドがここにあります。次なる新事業の核となる人物との出会いを、楽しみにしています。

代表取締役社長 堀越大吉郎

ミッション | 「物流」ができること、「物流」にできること

  • 「企業は人なり」の理念を掲げ、重要な経営課題として人材育成を推し進めていきます。
  • 「物流」を通じてあらゆるニーズに対応した事業進化を続けていきます。
  • 航空集配サービスは、まだ見ぬ景色を追究し続けていきます。